インプラントと入れ歯、ブリッジの違い

インプラントとは、虫歯や歯周病など何らかの原因によって失ってしまった歯の部分に、チタンなどで作られた人工の歯根を埋め込んで固定し、その上に人工の歯をかぶせると言った失ってしまった歯の治療方法です。

失った歯の治療方法には入れ歯やブリッジなどがありますが、入れ歯は歯を失った場所に人口の歯茎を含めた義歯をはめ込んで、周囲の歯にバネで固定すると言うものです。

togetterの情報を調べてみましょう。

天然の歯がなくなっているためあごの骨がやせやすく、周囲の歯に負担をかけるますし周囲に虫歯などができやすいこともあります。


見た目にも入れ歯とわかってしまったり、かみ合わせが悪くなることなどもあります。

東京のインプラント情報について考えます。

ブリッジは歯を失った場所に義歯をはめ、両側の歯と一緒に固定すると言うもので、左右の歯にセットするため安定感がありますが、左右の歯を削る必要があります。

見た目には天然の歯と変わらない仕上がりの義歯を入れることはできますが、ブリッジの場合も周囲の歯に負担をかけてしまいます。

今、話題の便利な横浜のインプラントの口コミや評判を紹介しています。

入れ歯やブリッジとインプラントが大きく違う点は、インプラントは失った歯の場所を単独で治療することができるため隣り合った歯を削ったり、バネをかけたりして負担をかけることがないということです。
またあごの骨にしっかりと人工の歯根を固定するので、あごの骨がやせるということもなく、噛み合わせや歯並びを悪くしたりすることがありません。

人工の歯も自然な仕上がりにすることができるので見た目にも違和感がないのもインプラントの大きな特徴です。